Scribus:「マスターページを適用」が正しい

今日以前からいぶかしく思っていたScribusのマスターページの適用を実現するメニュー項目の翻訳がやはり誤っているとはっきり判明した。

現在メニュー項目は「マスターページに適用」となっている。

これは「マスターページを適用」が正しい。

新しく作成または挿入したページに既存のマスターページを適用する。

だからこのメニューを開くと、マスターページを適用するページの範囲をダイアログ・ウインドウ内で指定できるようになっている。

以上Scribus 1.5.2での状況